天文シュミレーション:多体問題999 Windows版

パソコン用 天文多体問題シミュレーションプログラム


ソフト詳細説明

このプログラムはDOS版の多体問題999のウィンドウズ版です。
画像調整関係インターフェースの必要があってウィンドウズ用のプログラムとしました。

実際の天体をシュミレーションするものではなく、複数の質点の重力挙動を実験として表現するものです。
さしわたし3天文単位の円盤状に、50個までの質点を乱数で散布します。
場所と初期速度は乱数で決まりますが、各々の質点は互いに同じ質量とします。
これは都合Comet3xxからの拡張プログラムなので、空間・質量物理の定数は太陽系空間のものを継承しています。
高加速度時計算精度保持の概念はTROI98/DVから継承しました。

名称は用意してある天体点の変数が1000点まで演算可能なところから来ています。多体問題ではn個の要素演算をするとき、常に「自分が全体(n個の要素)からどの程度の(重力)影響を受けるか」という計算が演算の1ステップとなります。
自分自身からの(重力の)影響は計算せずに次の計算に移りますので、ある点における重力影響計算は1ステップ:n-1回の演算となるわけです。

すなわち、最大質点計算は1000天体ですから、そのばあい1点における重力計算は1ステップ:999演算になるところから来ています。
(実際にはパーソナルコンピュータの速度レベルでは、30から50質点の演算が上限です。)

見送った機能

3次元対応計算もできますが、機械の処理能力を考えた場合、入門用体感デモとしてx-y2次元で十分だろうと判断いたしました。

動作環境

天文シュミレーション:多体問題999 Windows版の対応動作環境
ソフト名:天文シュミレーション:多体問題999 Windows版
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 深山数臣 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シミュレーション  天文 


「天文・宇宙」カテゴリーの人気ランキング

  1. つるちゃんのプラネタリウム 天文シミュレーションの総合フリーソフト これがフリー?(ユーザー評価:4.5)
  2. つるちゃんの天文カレンダー 天文現象を自動計算 旧暦/月齢カレンダー、太陽と月の出没時刻表付き(ユーザー評価:4)
  3. サン・アースくん 世界中の昼夜の長さ、南中高度等を調べることができ、地軸の傾きを自由に変えることができるフリーソフト(ユーザー評価:4.5)
  4. HippLiner 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる(ユーザー評価:3.5)
  5. PreviSat 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムに確認できる(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック