makefile.cmd

表ファイルが無い時は表ファイルを新規作成して、表を保存する 表ファイルがある時は何もしない


ソフト詳細説明

小生が事務局長をしているNPO(シニアジョブ)用にメールマガジンの配信一括処理(プログラム)を作成しました。この時に、メールマガジンのヘッダー文書、送信先名、メールマガジン本文、フッター文書の4つのファイルを結合して納める作業ファイルを作成するのにこのサブルーチンを作りました。
作業ファイルは桐ユーザなら作業ファイルと一発で分るユニークなファイル名(表ファイル名)となっているので、自分で作業ファイルを削除してしまいそうで、作業ファイル無ければ新規に作成する処理にしました。
作業ファイルや処理の記録を残す表ファイルを一括処理内部で作成するのに使えるのかなと思います。

動作環境

makefile.cmdの対応動作環境
ソフト名:makefile.cmd
動作OS:Windows XP/Me/2000/98
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 多摩電脳技研 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

新規 


「桐用」カテゴリーの人気ランキング

  1. 画像管理システム for 桐 画像ファイルにさまざまなコメントを付けデータベース化して管理することができる(ユーザー評価:0)
  2. zipj.cmd 郵政公社"住所の郵便番号のダウンロードサービス"のデータから郵便番号から住所を表引きする表を作成(ユーザー評価:0)
  3. error.cmd エラー発生した時に一括処理の実行を終了(開いている表は破棄される)してエラーメッセージを表示する(ユーザー評価:0)
  4. kanaconv.cmd 文字列中の半角カタカナを全角カタカナに変換する(ユーザー評価:0)
  5. makefile.cmd 表ファイルが無い時は表ファイルを新規作成して、表を保存する 表ファイルがある時は何もしない(ユーザー評価:0)

「データベース」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック