バージョンアップファイル配布CMD

既存の桐システムのバージョンアップ版を開発した時にそれを配布する


ソフト詳細説明

この一括処理は、既存の桐システムのバージョンアップ版を開発した時に、それを配布するためのものです。

自分の手元にたった1つだけ存在する唯一無二のシステムなら、随時思うがままに改造を続けることができますが……
・システムが複数存在する場合や、
・既に稼働しているシステムに直接の改造を行わず(だって運用中だし)別機械で修正版を作成して、運用中のシステムに修正完了版を適用しようとする場合、
・不特定多数に配布し使われているシステムを個々にバージョンアップしてもらう場合、
バージョンアップ版への差し替えは面倒臭い作業です(単純なファイル上書きコピーでは既存のデータ内容が消えてしまうから)。

私の場合、仕事の関係でそのような機会が多く、バージョンアップ差分を書庫( *.lzh )にして渡すことが多いので、その適用を誰でも簡単に行えるようにするため、この汎用バージョンアップファイル配布CMDを作成しました。

どなたかのお役に立てば幸いです。

動作環境

バージョンアップファイル配布CMDの対応動作環境
ソフト名:バージョンアップファイル配布CMD
動作OS:Windows NT
機種:汎用
種類:フリーソフト(寄付歓迎)
作者: Ogo 

お支払い

このソフトは無料でお使いいただけますが、寄付を募っております。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

開発  既存  バージョンアップ 


「桐用」カテゴリーの人気ランキング

  1. なんでも換算表 windows桐用アップバージョン 桐上で各種単位換算(ユーザー評価:0)
  2. zipj.cmd 郵政公社"住所の郵便番号のダウンロードサービス"のデータから郵便番号から住所を表引きする表を作成(ユーザー評価:0)
  3. error.cmd エラー発生した時に一括処理の実行を終了(開いている表は破棄される)してエラーメッセージを表示する(ユーザー評価:0)
  4. kanaconv.cmd 文字列中の半角カタカナを全角カタカナに変換する(ユーザー評価:0)
  5. makefile.cmd 表ファイルが無い時は表ファイルを新規作成して、表を保存する 表ファイルがある時は何もしない(ユーザー評価:0)

「データベース」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック