パスワード認証処理

パスワード認証処理 桐8 システムサンプル


ソフト詳細説明

 あちこちで繰り返して質問が出て来るパスワード認証システム。
 本来なら、桐自身が装備する3種類の「利用者コード」を使うべきかもしれませんが、これでは全員共通のパスワードになってしまうので、使い辛いことは間違いありません。

 しかし、それはそれとして、少しはご自分で構築の努力をしてみているんでしょうか?

 桐8の機能が充分なんて口が裂けても言えません。
 でも、無いものねだりをしてもムダです。
 とりあえず、所与の機能(バグ含む)と自分の知恵を動員して、何とかサンプルを作ってみました。

 言わずもがなですが、クライアント=サーバー方式で構築されているデータベースシステムのパスワード集中管理を想定していません。
 あくまでもスタンドアローンで自マシンで「閉じている」システムが前提です。
 でも、パスワードの一覧表さえ用意していれば、「端末操作」の許可に関するパスワード認証機能としては利用できます。

 Ver. 1.1 で余分なテンポラリファイルを作らず、桐の変数のみで処理するように仕様を変更しました。
 また、パスワードデータ/ログデータのセキュリティを厳しくしています。
 更に、登録ユーザーを「管理者(1人のみ登録可)」と「一般ユーザー(何人でも登録可)」に分けて、アカウント/パスワードの管理機能も付けてみました。

動作環境

パスワード認証処理の対応動作環境
ソフト名:パスワード認証処理
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:サンプル版
作者: Ogo 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

サンプル 


「桐用」カテゴリーの人気ランキング

  1. CMD不要変数チェックCMD 桐V8 一括処理サンプル 現実には一度も使われないままで朽ち果ててしまっている不要な変数をチェック(ユーザー評価:0)
  2. 画像管理システム for 桐 画像ファイルにさまざまなコメントを付けデータベース化して管理することができる(ユーザー評価:0)
  3. zipj.cmd 郵政公社"住所の郵便番号のダウンロードサービス"のデータから郵便番号から住所を表引きする表を作成(ユーザー評価:0)
  4. error.cmd エラー発生した時に一括処理の実行を終了(開いている表は破棄される)してエラーメッセージを表示する(ユーザー評価:0)
  5. kanaconv.cmd 文字列中の半角カタカナを全角カタカナに変換する(ユーザー評価:0)

「データベース」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック