システムバックアップ処理

システムバックアップ処理 桐8 システムサンプル


ソフト詳細説明

 相も変わらず御機嫌よろしくないようで…… > MS-Windows

 まぁ、それはともかく、データベースシステムを使って仕事をする上では、「バックアップ」は重要課題の最右翼。
 しかも、MS-Windows 上でデータベースを動かそうなんていうんだから、「クラッシュやハングアップは日常茶飯」という状況を想定せざるを得ないでしょう。
 ハードウェアの耐用年数もヒドイものだ。価格が安くなった見返りはちゃんと支払うことになっている。

 さぁ、大事な大事なデータのバックアップをどうしますか?
 最悪、MS-Windows や桐8は(別機械にでさえ)再インストールできるのですが、「データ」はバックアップがなければどこからも復元できませんよ。

●バックアップ動作について

 基本的に、 Xcopy コマンドを利用してシステムの存在するフォルダ全体を別ドライブに丸ごとコピーしてしまうものです。
 どうしても充分な容量の別ドライブを用意できなければ、同一ドライブにバックアップすることも可能です。

 タイムスタンプ比較で「より」新しいファイルのみをコピーしますので、バックアップ先が変更されない場合は、2度目からはバックアップ所用時間が短縮されます。

 オプションとして次の2つの選択肢があります。

1.日付基準による多重化をするか(デフォルトは「しない」)
 バックアップ先フォルダ名は、
  <選択したドライブ>
  :\BackUp\
  <システムフォルダ名からドライブ名を除いたもの>
 を連結したものです。
  例.システムが「C:\Test」で選択が「D:」なら
  バックアップ先は「D:\BackUp\Test」となります。
 が、日付基準による多重化をすれば、最後に「今日」を表わす文字列が付きます。
  例.上記例で「今日」が H12/2/15. なら
  バックアップ先は「D:\BackUp\Test\12_02_15」となります。
 これにより「世代管理」が可能になります。

 なお、私の「趣味」で「和暦表示」にしていますので悪しからず。 (^^)
 (「BackUp.TBL」の項目計算式の変更で西暦に変更可能ですが)

2.サブフォルダもバックアップ対象にするか(デフォルトは「する」)データベースシステムの構成上サブフォルダにもデータが枝分かれしている、または関連資料などをサブフォルダに収蔵している場合などに、これらも含めたバックアップを取ります。

動作環境

システムバックアップ処理の対応動作環境
ソフト名:システムバックアップ処理
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:サンプル版
作者: Ogo 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バックアップ  サンプル 


「桐用」カテゴリーの人気ランキング

  1. なんでも換算表 windows桐用アップバージョン 桐上で各種単位換算(ユーザー評価:0)
  2. zipj.cmd 郵政公社"住所の郵便番号のダウンロードサービス"のデータから郵便番号から住所を表引きする表を作成(ユーザー評価:0)
  3. error.cmd エラー発生した時に一括処理の実行を終了(開いている表は破棄される)してエラーメッセージを表示する(ユーザー評価:0)
  4. kanaconv.cmd 文字列中の半角カタカナを全角カタカナに変換する(ユーザー評価:0)
  5. makefile.cmd 表ファイルが無い時は表ファイルを新規作成して、表を保存する 表ファイルがある時は何もしない(ユーザー評価:0)

「データベース」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック