LCo

回路図エディタBSchのためのライブラリエディタ


ソフト詳細説明

LCoはWindows版回路図エディタBSchとDOS版回路図エディタCEで使うパーツライブラリを作成するソフトです。
ライブラリはBSch/CEに添付しているライブラリアセンブラでも作成できますが、慣れないと難しいかもしれません。特に図柄を伴うパーツでは予め方眼紙などに下書きでもしないことには、いきなりテキストエディタに書き始めてもなかなかうまくは作れないものです。
しかし、LCoを使えばライブラリの作成は困難なことではありません。ライブラリの内部構造の制約から、図柄とピン情報を別々に作成するという面倒さはありますが、出来あがりの部品を確認しながら作業できるメリットは大きいでしょう。
ソースファイル添付。

動作環境

LCoの対応動作環境
ソフト名:LCo
動作OS:Windows 2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 岡田 仁史 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エディタ  ライブラリ  回路図  BSch 


「CE」カテゴリーの人気ランキング

  1. BSch(Basic schematic) 回路図エディタ(ユーザー評価:3.5)
  2. LCo 回路図エディタBSchのためのライブラリエディタ(ユーザー評価:0)
  3. Nut 回路図エディタBSchのための部品番号振り付け(ユーザー評価:0)
  4. BschExtract BSCHのデータから部品表・ネットリストを抽出(ユーザー評価:0)
  5. yNut BSch用部品番号振り直しユーティリティ Nut 0.92に対応 Nut+既に部品番号が付いているものは変更しない機能(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック