SMFPortSet

標準MIDIファイル ポート設定ユーティリティ


ソフト詳細説明

RolandのSC-88系音源等、マルチポート対応の音源用の標準MIDIファイル(midファイル)の再生で困ったことはありませんか?
マルチポート対応音源用midファイルは2ポート36チャンネルを使用することを前提に作成されているものがあります。当然、このファイルを再生するためにはパソコンにMIDIOUTポートが2つ以上存在しなければなりません。(シリアル接続やソフトウェアMIDI音源でもドライバが仮想マルチポートをしてくれていれば問題ありません。)これは最低限のスペックです。
しかし、このスペックを満たしていても現実は再生するのに不都合が起こることが多いのです。その理由は標準MIDIファイル(midファイル)はその規格に出力ポートを指定するイベントは存在しません。midファイル自体がマルチポートに対応していないからです。

この標準MIDIファイルポート設定ユーティリティ「SMFPortSet.exe」はマルチポートを使用したmidファイルにポート指定メタイベントを埋め込んで出力ポートを設定するツールです。また、すでに埋め込まれているポート指定メタイベントを変更して出力ポートを変更することも可能です。
MIDIプレイヤに拙作Miyap2002又はMiyaPlay95を使用するなら、独自のポート指定ファイル(MTKファイル)として出力ポート設定を保存し、元のmidファイルを変更すること無しにポート設定を行うことも可能です。

○特徴
・標準MIDIファイルのトラック毎にポート指定メタイベントを挿入して出力ポートの設定を行うことが可能。
・標準MIDIファイルにすでにポート指定メタイベントが挿入されている場合、それを変更することが可能。
・MIDIプレイヤに拙作Miyap2002又はMiyaPlay95を使用する場合、独自のポート指定ファイル(MTKファイル)として出力ポート設定を保存し、元のmidファイルを変更すること無しにポート設定を行うことも可能。
・Macで作成されたMac Binary Headerやリソースフォークのくっついた標準MIDIファイルやWindows特有のRIFFチャンクの付いた標準MIDIファイル(RMIファイル)にも対応している。保存する時には余計な部分を除去して純粋な標準MIDIファイルとして保存するので、Mac Binary カッターやRIFFチャンクカッターとして使用できる。

動作環境

SMFPortSetの対応動作環境
ソフト名:SMFPortSet
動作OS:Windows XP/Me/2000/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Miyaan 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ユーティリティ  MIDI 


「MIDI関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. 自動作曲システム ACS ジャンルを選択するだけで、MIDI、着メロを自動生成し、演奏(ユーザー評価:0.5)
  2. Music Studio Standard MIDIシーケンサー、オーディオ機能を備えたVST、VSTi、ASIO対応高性能音楽制作ソフト(ユーザー評価:2.5)
  3. テキスト音楽「サクラ」 「ドレミ」と書けば、ドレミが鳴る、初心者にも優しい音楽入力ソフト(ユーザー評価:4.5)
  4. ミノ式MIDIシーケンサ 譜面入力形(五線譜)シーケンサ 誰でも簡単にMIDIが作れる(ユーザー評価:4)
  5. Cherry MIDIシーケンサ(ユーザー評価:4.5)

「音楽関係」カテゴリのソフトレビュー

  • VirtualDJ Home FREE 7.0.5 - 本格的なDJプレイを楽しむことができる統合型仮想DJソフト
  • Harmony Player 1.1β - 簡単な操作で弾き語りの伴奏を行える、難しい知識不要の楽器ソフト
  • I氏のつぼ 2.00 - エクスプローラライクなインタフェースで「iPod」をわかりやすく管理できるソフト
  • アート・メトロノーム 1.6 - CGによる幻想的なアニメーション表示も選択できる多機能メトロノームソフト
  • Sound Browser 3.0.1 - 目的のファイル/フォルダにすばやくアクセスできるマルチカラムを備えた“ブラウザプレイヤー”

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック