WinHd16

Windows98用のエクスプローラライクなファイル操作ソフト


ソフト詳細説明

OS/2 Warp,Windows95とパソコンの0Sも進化を遂げて
ファイルとディレクトリ単位の管理法から
アイコンとフォルダー単位の管理法へ移行されようとしていますが、
ファイルやディレクトリがハードディスクから消えて無くなる訳では有りません。
まだまだ私たちはファイルのコピーや削除、圧縮、解凍等の処理を
忘れてしまう訳にはいか無いみたいですネ

Winhd16はWindows Ver3.1で動作するファイル操作ツールです。
Windows NT,Windows95等の32ビット環境では姉妹品Winhd32をお使い下さい。

Winhd16の特徴(前バージョンWinhd2からの変更点)


1.Windows上でのファイルの圧縮、解凍のサポート
2.簡易ファイルビューワ機能(*.BMP *.WMF *.AVI *.MDI *.WAVファイルの再生表示)
3.ファイルマネージャエックステンションとしてファイルマネージャに2.の機能を提供します
4.マウスの右ボタンクリックメニューの採用
5.Windows95風アプリケーションランチャーの搭載

動作環境

WinHd16の対応動作環境
ソフト名:WinHd16
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: T.ito 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エクスプローラ  ライク 


「各種ファイラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. WinFileShuttle for Win3.1 多機能ファイルマネージャ 複写元・複写先が1画面で簡単ファイル操作(ユーザー評価:0)
  2. Pyxis 16bit版 Windows上でキーボードを中心としたファイル管理を行う 16bit版(ユーザー評価:0)
  3. FileTable for Win3.1 軽量・コンパクトファイラ(2画面モード、キー割り当て付き)(ユーザー評価:0)
  4. RDIR 小型軽量・ファイル毎にメモがつけられるファイルマネージャ(ユーザー評価:0)
  5. CAN ごみ箱付きファイルマネージャ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック