RDS Maker for Win

任意のビットマップグラフィックからランダム・ドット・ステレオグラムを作成


ソフト詳細説明

  任意のビットマップグラフィックからランダム・ドット・ステレオグラム(以後RDS
と略します)を作成します.
  元絵は BMP形式のファイルまたはクリップボード経由のビットマップで,ウインドウ
 で表示可能な大きさまでOKです.
  作成できるのは元絵のカラーに対応した8階層のRDSです.階層とは立体視したとき
 の奥行きで,例えば,元絵の白は一番手前に見え,黒は一番奥等に見えますので,より
 凝ったRDSが作成可能です.また,カラーの階層変更やRDSそのもののカラー/モノクロ
指定なども可能です.

動作環境

RDS Maker for Winの対応動作環境
ソフト名:RDS Maker for Win
動作OS:Windows 3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 小松原 覚 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「3Dグラフィック」カテゴリーの人気ランキング

  1. 3Dステレオグラム 高速高機能3Dステレオグラム作成ソフト(ユーザー評価:0)
  2. 六角大王 for Windows 3D Real Virtuality System 3次元の自動立体化CGツール(ユーザー評価:4.5)
  3. ステレオ・スコープ 10種類のランダム・ドット・ステレオグラムを任意の大きさで作成(ユーザー評価:0)
  4. Winツールマテリアル3DLIGHTWAVE版-TG3 ロボットプラモをイメージして造られた3Dオブジェクト(ユーザー評価:0)
  5. TUMIKI 単機能3Dモデリングコマンド集(MSDOS,コマンドプロンプト)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック