VSYNC.REX

いつでもF-BASIC386でVSYNC待ちができるようになるREX


ソフト詳細説明

 あなたは、TOWNSでプログラムを組んでいて、「スクロールがガクガクだ」などと感じたことはありませんか?これは、60分の1秒ごとに書き換えられている、TOWNSの画面と、プログラムの画面描画のタイミングがあっていないため、ガクガクになってしまうのです。
 そこで、このVSYNC.REXの出番です。この機械語プロシジャーをF-BASIC386から呼び出すだけで、簡単にVSYNC待ちが実現できます。
 実は、F-BASIC386にもVSYNC待ちのコマンドが用意されていますが、32768色画面でスプライトを使用していない場合は、BASICの命令ではVSYNC待ちすることができません。そんなときにも、このVSYNC.REXが役に立ちます。
 とにかく、画面の動きを美しく見せたい、F-BASIC386プログラマはぜひ使ってみましょう(^^)。

動作環境

VSYNC.REXの対応動作環境
ソフト名:VSYNC.REX
動作OS:FM(TOWNS)
機種:FM
種類:PDS
作者: ほしけん 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

待ち  REX  VSYNC  BASIC 


「BASIC言語」カテゴリーの人気ランキング

  1. VSYNC.REX いつでもF-BASIC386でVSYNC待ちができるようになるREX(ユーザー評価:0)
  2. MFS Smallest F-BASIC386用高機能グラフィカルファイルセレクタ・最小版(ユーザー評価:0)
  3. REX2BAS *.REX → *.BAS フルオート変換(ユーザー評価:0)
  4. 午後の憂鬱 逐次翻訳実行型言語『破戒』開発/統合環境(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック