寝て起きて動け

スリープ解除後に指定のファイルを起動するスリープユーティリティ


ソフト詳細説明

PowerBookなどのスリープすることが出来るMacintoshを使用している場合、夜間などに自動的にスリープ解除して何らかのソフトを起動したいことがあります。(例えば、パソコン通信の自動巡回ソフトなど)
そのような目的のためにこのソフトを作成しました。まず、あらかじめスリープ解除する時間を設定しておき、寝て起きて動けをダブルクリックするとスリープ解除時間を設定してからスリープします。スリープ解除時間は、毎日、毎週、日付指定の中から選択することが出来ます。スリープ解除時間になると自動的に起動し、設定してあるファイルを起動します。このファイルの起動は、Finder上で書類をダブルクリックするのと同様の動作です。したがって、アプリケーションばかりでなく、設定ファイル、アプリケーションの書類なども設定可能です。

利用条件・試用期間中の制限など

パスワードを入力することにより30日の使用期間制限が解除される。機能制限はなし。

動作環境

寝て起きて動けの対応動作環境
ソフト名:寝て起きて動け
動作OS:MacOS
機種:Mac PPC
種類:シェアウェア:1,050円
作者: 田口 茂 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  ユーティリティ  解除  スリープ 


「プログラムランチャー」カテゴリーの人気ランキング

  1. Flauncher ドロワランチャー マウスカーソルをあわせると四方にドロワが開く(ユーザー評価:0)
  2. UnifyLauncher 「送る」機能も搭載した、いろんなことができるランチャー(ユーザー評価:0)
  3. OpenMenu X コンテクストメニューを自由自在に活用する(ユーザー評価:0)
  4. Alias Keys ファイルやフォルダをキーボードで素早く開くことができる(ユーザー評価:0)
  5. 3D Space VFS ランチャー、Dock、ファインダーの機能は優美な 3D ドロワ内でまとめられる(ユーザー評価:0)

「プログラムランチャー」カテゴリのソフトレビュー

  • 3D Space VFS 1.4.2J - Dock/Finderをバーチャル3D空間に配置することで、Macの使い勝手を高めるソフト
  • Flauncher 3.0.4 - 四方に開いたドロワから、アイテムにすばやくアクセスできる“ドロワランチャ”
  • Alias Keys 1.0.3J - ファイル/フォルダ操作やアプリケーション起動などをショートカットキーですばやく行えるランチャ
  • UnifyLauncher 2.1.1 - 1回のドラッグ&ドロップで複数アプリケーションにファイルを渡せるランチャ
  • OpenMenu For Classic OS/Rev 1.1.0r5 OpenMenu For OS X/Rev 1.1.0.r5 - AppleScriptの登録も可能なコンテキストメニュー形式のランチャ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック