切抜き枠(68k)

小さなサイズの画像を作るユーティリティ


ソフト詳細説明

画像ファイルから長方形の領域を切り抜いて縮小し周囲に枠を書きます。切り抜く領域のサイズは、結果のサイズから周囲のドット分を除いた部分よりも大きい範囲で任意です。結果のサイズは縦横12〜640の範囲で、枠の幅も0〜2の幅で指定可能です。
元絵の画像ファイルは"PICT"又は"JPEG"ファイルです。結果を保存するファイルも"PICT"又は"JPEG"ですが、それ以外の形式でもQuickTimeが対応していれば出力可能です。元絵をクリップボードからペースト、結果をクリップボードへコピーすることも可能です。
普通のグラフィックソフトでも可能な作業で、そのほうが結果も綺麗になりますが、「切抜き枠」のほうが手っ取り早く作業ができるので、画質より手間を優先するような用途では有用だろうと思います。
縮小率が大きいほうが画像に劣化が目立たないので、デジカメ等で撮影した大きなサイズの写真からWebサイト掲載などのモニタ表示用の画像や、アイコン・サムネイルなどの小さな画像を作るのに適しています。
「顔面衰弱」用の図柄ファイルを作る事も可能で、作成された図柄ファイルは「顔面衰弱 3.1.0」以降で使用可能です。作成される図柄ファイルは、新フォーマットの大サイズ
(64×64)です。
バージョン2.0.1では、細かな動作の調整をしました。結果の画像のサイズは最大800×800まで拡大しています。
これは68k Macintoshで動作する68kMac版です。PowerMac版(classic),Carbon版(MacOS-X)は別に配布しています。

動作環境

切抜き枠(68k)の対応動作環境
ソフト名:切抜き枠(68k)
動作OS:MacOS
機種:Mac
種類:フリーソフト
作者: 竹内 喜代志 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ユーティリティ 


「変換」カテゴリーの人気ランキング

  1. Th-MakerX ドラッグ&ドロップで複数画像を一括リサイズ(ユーザー評価:0)
  2. DropFix(MacOSX用) ドラッグ&ドロップでさまざまな画像を好きなサイズに拡大/縮小し、JPEG/PNG形式で保存する(ユーザー評価:0)
  3. Simple ResizeX 画像の大きさを変える単機能ソフト(操作が簡単明瞭なことだけが売り)(ユーザー評価:0)
  4. ImageConverter(OSX) 画像のリサイズや色々なフォーマットに連続変換&動画も静止画に変換可能(ユーザー評価:0)
  5. RalphaMini SIMD化やマルチコア対応による高速な処理が特徴の一括リサイズソフト(ユーザー評価:0)

「グラフィックス関係」カテゴリのソフトレビュー

  • photoprinto 2.1.1J - 豊富なテンプレートを利用して“ゴージャス”なフォトアルバムを簡単に作成できるソフト
  • DropFix 2.00 - ドラッグ&ドロップでさまざまな画像を好きなサイズに拡大/縮小し、JPEG/PNG形式で保存するソフト
  • PictCatalogX 2.06 - アルバム形式でのスライドショウや印刷も可能な画像ビューア
  • 絵箱 3.1.1 - 快適な操作性でスピーディに使える画像閲覧・変換・編集ソフト
  • Resize Paint 1.3 - 表示サイズを拡大して細部を描き込めるペイントソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック