WebJPEG

Standard JPEGおよびPICTをProgressive JPEGで保存


ソフト詳細説明

WebJPEG は、 Netscape 2.0から採用された Progressive JPEG を作るためのユーティリティです。Progress JPEG で保存すると、インライン JPEG イメージタグ

<img src="xxxx.jpg">

などで、画像がだんだん現れてくるような 効果を出すことが 可能です。そのためトラフィックが重くても画像表示にいらいらさせません。


基本的に Drag&Drop だけでことたりるようにしてあります。
目的とする JPEG ファイル/フォルダを Drag&Drop すると、頭に"P_" のついた JPEG ファイル として保存されます。あるいは、拡張子が "jpg" になります
(例:test.jpg → P_test.jpg 、test.pict → test.jpg)

JPEGは画像劣化がつきものですが、このプログラムではJPEG → Progressive JPEGにおいて画像劣化はありません。しかし、PICT → Progressive JPEGでは画像劣化があります。画質優先にしてありますが、この圧縮率はPreferencesから変えることができます。
起動して、FileメニューからPreferences...を選んで下さい。Progressive JPEG か、普通のJPEG を出力するかを選べますし、圧縮率も自由に選ぶことができます。
ファイルクリエータは ImageBoard となっています。ImageBoard は Progressive JPEG 読み書きをサポートしています。
PICTから変換を行う際には、プレビュー画像がつきます。

動作環境

WebJPEGの対応動作環境
ソフト名:WebJPEG
動作OS:MacOS
機種:Mac
種類:フリーソフト
作者: 馬渡 栄一郎 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

JPEG  Standard  Progressive  PICT 


「変換」カテゴリーの人気ランキング

  1. Th-MakerX ドラッグ&ドロップで複数画像を一括リサイズ(ユーザー評価:0)
  2. DropFix(MacOSX用) ドラッグ&ドロップでさまざまな画像を好きなサイズに拡大/縮小し、JPEG/PNG形式で保存する(ユーザー評価:0)
  3. Simple ResizeX 画像の大きさを変える単機能ソフト(操作が簡単明瞭なことだけが売り)(ユーザー評価:0)
  4. ImageConverter(OSX) 画像のリサイズや色々なフォーマットに連続変換&動画も静止画に変換可能(ユーザー評価:0)
  5. ExifWriter JPEG及びTIFFの画像ファイルのExif情報を、追加、削除、 編集する(ユーザー評価:0)

「グラフィックス関係」カテゴリのソフトレビュー

  • photoprinto 2.1.1J - 豊富なテンプレートを利用して“ゴージャス”なフォトアルバムを簡単に作成できるソフト
  • DropFix 2.00 - ドラッグ&ドロップでさまざまな画像を好きなサイズに拡大/縮小し、JPEG/PNG形式で保存するソフト
  • PictCatalogX 2.06 - アルバム形式でのスライドショウや印刷も可能な画像ビューア
  • 絵箱 3.1.1 - 快適な操作性でスピーディに使える画像閲覧・変換・編集ソフト
  • Resize Paint 1.3 - 表示サイズを拡大して細部を描き込めるペイントソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック