SoundMachine

サウンド再生ユーティリティー 日本語版


ソフト詳細説明

 「SoundMachine」は「m-law」(mu-law)、「AIFF」、「WAVE」等のような慣用的なオーディオフォーマットを再生するユーザーフレンドリーのサウンドファイルプレーヤーです。簡単なインターフェースでインターネットブラウザのヘルパーアプリケーションとしても、独立したアプリケーションとしても便利です。パワーマックでより加速され、68Kのマッキントッシュ上でも動きます(ファットバイナリ)。ただし、サウンドファイルのフォーマットにより、マッキントッシュの性能に限界があります。
 「SoundMachine」は「プレーヤーウインドウ」という主のウインドウが一つあり、「キューウインドウ」、「メッセージウインドウ」、「ハックウインドウ」の三つのマイナウインドウがあります。

サウンドサポート

現在、「SoundMachine」は下記の慣用的なサウンドフォーマットをサポートします:
 ●AU m-law (テレフォニー非線形)
 ●AU A-law (テレフォニー非線形)
 ●AU リニア 8ビットと16ビット非圧縮
 ●AIFF 8ビットと16ビット非圧縮
 ●AIFC m-law (ULAW)
 ●AIFC Alaw (ALAW)
 ●AIFC MACE 3:1 8ビット圧縮
 ●AIFC MACE 6:1 8ビット圧縮
 ●AIFC IMA 4:1 16ビット圧縮
 ●マック「snd」リソース
 ●ファインダーのサウンドファイル
 ●WAVE 8ビットと16ビット非圧縮
 ●FSSD 8ビット、モノラル非圧縮
 ●Sound Designer II フォーマット
 ●NeXT フォーマット
 ●SoundEdit フォーマット

 将来に他のサウンドフォーマットを追加する可能性があります。「SoundMachine」の基本的なコンセプトはサウンドフォーマットを変換せずに、再生する事です。一般的に言って、サウンドフォーマットを変換するとサウンドの音質(フィデリティー)が悪化する場合が多く、ほとんどの場合必要はないです。
 「SoundMachine」は「ConvertMachine」というサウンドファイルを変換するユーティリティーと直接繋がります。

利用条件・試用期間中の制限など

SoundMachineとConvertMachineを両方登録して頂くと、登録料金が\1、800になります(ただし、ニフティ送金では、割引登録ができないので、ご注意下さい)。

動作環境

SoundMachineの対応動作環境
ソフト名:SoundMachine
動作OS:MacOS
機種:Mac
種類:シェアウェア:1,260円〜
作者: Rod Kennedy  Bridge 1 Software 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込み/郵便振替/その他送金方法あり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

サウンド  ユーティリティー 


「音声 録音・再生」カテゴリーの人気ランキング

  1. インターネットラジオ mRX-8000 "SHOUTcast" と "ねとらじ" の両方に対応したインターネットラジオ受信アプリケーション(ユーザー評価:0)
  2. 七色 ハイスピード サウンド ファイラー for MacOSX CDや音声ファイルから「高速音声ファイル」を生成(ユーザー評価:0)
  3. SoundApp PPC 多機能サウンド再生/変換ツール(ユーザー評価:4.5)
  4. ネットラジオ録音 X for Mac 今までほしかったオリジナル・新機能を搭載したインターネットラジオ再生録音ソフト(ユーザー評価:0)
  5. iSpeech Mac OS X付属のSpeech Synthesizerによる日本語スピーチソフト(ユーザー評価:3.5)

「音声 録音・再生」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック