HTOK

ひらがなからローマ字への変換&頻度カウントツール


ソフト詳細説明

 文章中のひらがなをローマ字に変換し、各アルファベットが何回出てきたかを調べるソフトです。ローマ字変換のキー使用率を調べために作りました。
 ひらがなからローマ字への変換ソフトとして使えるかもしれませんが、でも果たしてそんな使い道、あるの!?

動作環境

HTOKの対応動作環境
ソフト名:HTOK
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 船田 文継 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  カウント  ローマ字  頻度 


「キーボード用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Caps2Ctl IBM-PCのキーボードのCaps←→Ctrl入れ替え その他(ユーザー評価:0)
  2. KEYTBL KEY.TBL ファイルを IO.SYS に書き込む(ユーザー評価:0)
  3. KF(KeyFastest) AT互換機でキーボードのリピート・反応速度を最高速に設定(ユーザー評価:0)
  4. HTOK ひらがなからローマ字への変換&頻度カウントツール(ユーザー評価:0)
  5. mapkey DOS環境およびWin95のDOSプロンプトでのキーボード割り当ての変更(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック