COMKEY

RS232Cからの入力をキーボードバッファに書き込むことにより1キーボードで2台操作


ソフト詳細説明

【概要】
 2台のATを使うのに2つのキーボードを操作しなければならないのが面倒なのでこのソフトを作りました。
 基本的な動作はRS232Cからの入力をキーボードバッファに書き込みます。従って、キー割り込み(COM割り込みも)をフックして動いているようなソフトでは動かない物もあります。(多分ゲーム位だと思いますが)
 一応、COMポートに他のプログラムから送られてきたデータは無視するようになっています。

【使用環境】
 MS-DOS汎用 Dos Version : 3.xx 以上

【動作確認】
 OADG仕様のAT互換機

【使い道】
 とにかく常駐させてしまえばエディット中だろうが、ファイラーを起動中だろうが。[PrintScreen]キーを押しさえすれば、今まで使っていたキーボードがあたかも受信先のATのキーボードのように使うことができます。

動作環境

COMKEYの対応動作環境
ソフト名:COMKEY
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 渡辺 功 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キーボード  RS232C  バッファ 


「キーボード用」カテゴリーの人気ランキング

  1. COMKEY RS232Cからの入力をキーボードバッファに書き込むことにより1キーボードで2台操作(ユーザー評価:0)
  2. KF(KeyFastest) AT互換機でキーボードのリピート・反応速度を最高速に設定(ユーザー評価:0)
  3. HTOK ひらがなからローマ字への変換&頻度カウントツール(ユーザー評価:0)
  4. mapkey DOS環境およびWin95のDOSプロンプトでのキーボード割り当ての変更(ユーザー評価:0)
  5. KBPad-リアルタイムゲーム用キー入力チェンジャー KBPad-リアルタイムゲーム用キー入力チェンジャー(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック