統合版マルチテキスト

テキスト加工ツール


ソフト詳細説明

このファイルはデータ媒体としてのテキストファイルを100パーセント活用しつくす目的のために作成されました。

文書編集上のファイル便宜、単語検索などの機能を備えています。

すべての手順バッチとreadmeXX.txt/htmは本体mt.exeの内部に動的に梱包されていますので、アーカイブとして配布する必要はありません。詳しくはmt1029un.exe(自己解凍ファイル)内部のreadme1t.txtを読んで下さい。

ドライブ内部のすべてのファイルに対してファイル名を検索する内部機能を追加し、その機能の上に若干の機能拡張を行いました。

たとえば、Cドライブのすべてのテキストからキーワードを検索することが可能です。
また、任意の拡張子を持つファイルをHTML形式のリストとして出力します。

WINDOWSの上で、ファイルとアプリケーションの関連登録が完了している環境で有れば、この機能とインターネットブラウザーを併用すれば業務上のファイル検出の時間が大幅に短縮できます。

・機能の明細・

・編集用機能・
日時名ファイルの新規作成/該当ディレクトリの総和テキスト作成/ファイル末尾に別のファイルを追加/編集目安用の目次を追加/追加した目次を分離し表示する機能/編集目安用の行・頁数添付と削除/バックアップファイルをテキスト拡張子にリネーム。

・検索関係機能・
改行分割キーワードの復元/キーワードによるファイル分割/分割小ファイルの結合/
分割小ファイルの一括削除/キーワード行の抽出/キーワードの自動一括置換/キーワードの場所に追加文書を挿入。

・ドライブ全体または任意ディレクトリに対する機能・
HTML形式によるファイルリスト作成・ブラウザ経由でファイルランチャーとして使用可能/キーワード検索(前後脈絡添付可)/数字、経理メモ部分のスプレッドシート用抽出。

動作環境

統合版マルチテキストの対応動作環境
ソフト名:統合版マルチテキスト
動作OS:Windows NT/95/3.1 MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 深山数臣 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

テキスト  加工 


「テキストファイル用」カテゴリーの人気ランキング

  1. KIM 機種依存文字列がテキストファイル内にあるかどうか調べる(ユーザー評価:0)
  2. wc 行数・単語数・文字数をカウント(ユーザー評価:0)
  3. DivTxt 行を単位としてテキストファイルを分割する(ユーザー評価:0)
  4. Cutt UNIXのcutの部分的な模倣品(ユーザー評価:0)
  5. MTYPE ソース タブ幅自在TYPEコマンド ソース(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック