SW

DOS/V環境とIBM PC環境を行き来するバッチファイル LX版


ソフト詳細説明

 HP200LX日本語化キット(オカヤ・システムウェア株式会社)で日本語化したけど、
今までのフリーウェアの日本語化キットもコンベンショナル・メモリの広さの魅力から
手放せないでいる、私は、Aドライブ(RAMカード)のCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATを
自動的にリネームして、リブートするバッチファイルを作成しました。
 つまり、CONFIG.とAUTOEXEC.を二本立てにすることが簡単に可能になります。
 もう既に、各自で作成されているかも知れませんが、機種判定 PGM、リブートPGM
などのフリーウェアがそろいましたので、BBS上にアップすることにしました。

動作環境

SWの対応動作環境
ソフト名:SW
動作OS:MS-DOS
機種:その他
種類:フリーソフト
作者: 兵藤 嘉彦  kenchana1  松井 將紘 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バッチ  LX 


「日本語化」カテゴリーの人気ランキング

  1. FEPIO 日本語環境で、FEP100,IME100などのEXM形式のFEPによる入力を可能にする(ユーザー評価:0)
  2. EDJEX システムマネージャ日本語拡張ドライバ(ユーザー評価:0)
  3. 半角ひらがな差分フォント JKITの半角フォントのカタカナをひらがなにする(ユーザー評価:0)
  4. JPRT HP100/200LX内蔵PIM用 漢字印刷ドライバ(ユーザー評価:0)
  5. DSP14 HP100LXの内蔵アプリでfont14を表示(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック