WCAL

指定したプログラムに、指定したファイル(ワイルドカード対応)を順番に引き渡す


ソフト詳細説明

 本ツールは、ユーザが指定したプログラムに、指定したファイル(ワイルドカード(「*」や「?」)対応)を順番に引き渡すことを目的にしたツールです。
 おまけ機能として、ファイル検索ツールの機能も持ち合わせています。
   (DOS Ver3.Xユーザ向け)

  例えば、
   MOTO1.TXT
  MOTO2.TXT
  MOTO3.TXT
  という3つのファイルが有るところで

  ワイルドカード
  ↓
   WCAL prog MOTO*.TXT o1=op1 o2="/op2a -op2b" o3=/op3
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  と入力しますと
  自動でファイル名が定義される
  ↓
   prog op1 MOTO1.TXT /op2a -op2b MOTO1.'00 /op3
   prog op1 MOTO2.TXT /op2a -op2b MOTO2.'00 /op3
   prog op1 MOTO3.TXT /op2a -op2b MOTO3.'00 /op3

   という具合に、ファイル名を自動で定義して、3回コマンドを起動します。
   なお自動で定義するファイル名は、オプションにより、ユーザがある程度指定
  することもできます。

   実際に処理させたいプログラムは、COM/EXE/BAT いずれの形式でも呼び出す
  ことができます。
  (PROG.COM, PROG.EXE, PROG.BAT の各ファイルが同ディレクトリにある場合は、
   拡張子 COM > EXE > BAT の優先順位で起動されます)

 -----------------------------------------------------------------------------
 1-2.動作環境
   本ツールは、MS-DOS の環境なら動作すると思います。

  ※ 動作確認 OS
   東 芝 Microsoft MS-DOS/V 6.2(実質Microsoft MS-DOS/V 6.2 だと思う)
   NEC MS-DOS Ver 5.0A
   富士通 TownsOS V2.1 L20   (コンソールモード)

動作環境

WCALの対応動作環境
ソフト名:WCAL
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 鈴江 一広 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ワイルドカード 


「シェル強化」カテゴリーの人気ランキング

  1. safetee 標準出力と標準エラー出力を画面とファイルに出力する tee(ユーザー評価:0)
  2. ptee 標準出力のファイルへのリアルタイム分岐(ユーザー評価:0)
  3. SOS コマンド実行支援ツール(ユーザー評価:0)
  4. Symbolic-link ドライバ ファイルを「リンク」する(ユーザー評価:0)
  5. WEX ワイルドカード処理ができないプログラムで、ワイルドカードを扱えるように(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック