CHOUT

コマンドの出力先デバイスをファイルに変更して、コマンドを実行


ソフト詳細説明

 コマンドの出力先デバイスをファイルに変更して、コマンドを実行します。コマンドライン上でのリダイレクトと同様の働きをします。違いは標準出力だけでなくエラ−出力やプリンタ出力もリダイレクトできることです。
 オプションの'-'はファイルを新規作成します(コマンドライン上での'>'と同様です)。
また、'+'はファイルに追加書き込みします('>>'と同様です)。ただし、オプションとファイル名の間は開けないでください。ファイル名には"con"、"prn"、"nul"等のデバイス名も指定できます。
 本コマンドの終了コ−ドは実行したコマンドの終了コ−ドをそのまま通知します。

動作環境

CHOUTの対応動作環境
ソフト名:CHOUT
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 山崎 克也 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド 


「シェル強化」カテゴリーの人気ランキング

  1. safetee 標準出力と標準エラー出力を画面とファイルに出力する tee(ユーザー評価:0)
  2. echo0 DOS汎用の拡張echoコマンド(ユーザー評価:0)
  3. LDIR ディレクトリ置換TSR(ディレクトリ名を22文字迄拡張)(ユーザー評価:0)
  4. PIPCTRL 一時ファイルを、環境変数 'TMP'または'TEMP' で指示するドライブへ作成(ユーザー評価:0)
  5. WCAL 指定したプログラムに、指定したファイル(ワイルドカード対応)を順番に引き渡す(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック