SYSMENU

CONFIG.SYS,AUTOEXEC.BATのデータをメニュー選択/システムファイル転送


ソフト詳細説明

・SYSMENU説明

  このプログラムは、MS-DOSの初期設定段階で一デバイスドライバとして起動させ、
 「CONFIG.SYS」のデータと、「AUTOEXEC.BAT」のデータをメニュー選択できるようにし
 たものです。
  はじめて発表したときはこれだけだったのですが、MS-DOSバージョン5.00 対応へ変
 更するにあたり、知人のアイデアからMS-DOSバージョン の切り替えと、「CONFIG.SYS」
 データ、「AUTOEXEC.BAT」データの組み合わせ変更が、メニュー選択段階で行えるよ
 うにしました。また、メニューは最大40個まで設定でき、選択後このデバイスが
 メモリに常駐する事はありません。
  以上、言葉ではとても簡単なのですが、メニューデータファイル1個でこれらの
 事を全て行うため、初版に比べデータの設定・操作がわりと難しく、その上、私の
 説明がわりと(とても?)ヘタなため簡単には使用できないことを最初にお詫びし
 ておきます。
なお、2.01修正版では、DOS 6.20での「DEVICEHIGH」認識エラーを解決しており
ます。

・SYSUTIL説明

  フロッピーディスクなどからMS-DOSシステム(IO.SYS MSDOS.SYS COMMAND.COM)を
 指定ディレクトリにコピーします。もし、指定ディレクトリが存在しなけれ新規作
 成を行った後コピーします。なおシステムファイルの属性はリードライト形式でコ
 ピーを行うので、DIR コマンドでシステムファイルの表示ができます。
  コピーが終了すると前に説明したようにサンプルデータファイルをカレントドラ
 イブに書き出します。このサンプルデータには、終了までに転送処理を行ったディ
 レクトリを「!」 コマンド形式で書き込んでいます。

動作環境

SYSMENUの対応動作環境
ソフト名:SYSMENU
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 伊達 秀光 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

転送  SYS  CONFIG  AUTOEXEC  BAT 


「起動・パーティション管理等」カテゴリーの人気ランキング

  1. MBM マルチブートマネージャ 8GB超対応、区画エディタ内蔵(ユーザー評価:4.5)
  2. TITLE用サンプル画像 The Song of Blue Earth サンプル画像ファイル『The Song of Blue Earth』(ユーザー評価:0)
  3. MBRread/write パーティションタイプを書き換えてWindowsから見えないパーティションを覗き見可能 MBRの読み書きコマンド(ユーザー評価:0)
  4. Compact Dangerous IPL PC-98用のIPL 2HD/8セクタ専用(ユーザー評価:0)
  5. Resetcom PC-98シリーズDOS用 ソフトウェアリセットプログラム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック