GNU find

GNU find-3.8 の MS-DOS 移植版


ソフト詳細説明

変更点
パスの区切りをすべて / から \ にした(変更しないと -exec が使い物にならない)
MS-DOS に無い機能(リンク、i-node、ユーザー、グループなど)の指定を無効にした
-h 又は -help で簡単なヘルプを表示する

差分
変更点は全て #define MSDOS 又は P_BACKSLASH で切りわけてあります。
P_BACKSLASH を無効にしてコンパイルすれば、/ --> \ の変更はしなくなります。
fastfind に関する部分は移植していません。

コンパイル
コンパイルは MS-C 7.0A で行いました。
make は GNU make-3.58 with swaplibβ 以外では修正が必要です。
UNIX エミュレーションライブラリ (libunix.lzh) が必要です。
configure は使えないので、lib 内で gmake を実行後、find 内で gmake を実行
して下さい。

動作環境

GNU findの対応動作環境
ソフト名:GNU find
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:GPL
作者: Free Software Foundation  kekyo 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

移植  GNU  find 


「テキストファイル用」カテゴリーの人気ランキング

  1. KIM 機種依存文字列がテキストファイル内にあるかどうか調べる(ユーザー評価:0)
  2. wc 行数・単語数・文字数をカウント(ユーザー評価:0)
  3. DivTxt 行を単位としてテキストファイルを分割する(ユーザー評価:0)
  4. Cutt UNIXのcutの部分的な模倣品(ユーザー評価:0)
  5. MTYPE ソース タブ幅自在TYPEコマンド ソース(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック