LAP

拡張子連動 プログラム起動


ソフト詳細説明

LAP は、データファイルを指定することによって,そのデータファイルに応じたアプリ
ケーションを自動的に起動します.今までのアプリケーションを起動して,その後データ
ファイルを読みこむという作業は不要になりました.データファイルを指定すれば,ワー
プロの文書ファイルでも,グラフィックエディタのファイルでも,すぐに作業を始めるこ
とができます.
また,多様なフォーマットが存在する画像データでも,画像ローダーを意識することは
ありません.画像データを指定することによって,ダイレクトに画像を見ることができま
す.また,アプリケーションを起動する際、lap.exe自身が占めるメモリはわずか 2 から
3KB です.(環境変数領域の大きさによって変わります)

動作環境

LAPの対応動作環境
ソフト名:LAP
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 川野 亮 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  拡張子  連動 


「プログラムランチャー」カテゴリーの人気ランキング

  1. Ymenu 音声専用メニュープログラム(ユーザー評価:0)
  2. NFFTOP ファイル頭判別プログラム(ユーザー評価:0)
  3. Random Executive SYStem ソフトをランダムに実行(ユーザー評価:0)
  4. MFS マルチファイルセレクター(ユーザー評価:0)
  5. FEXT 画面モード・言語モード別に定義できる拡張子連動プログラム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック