KEYCTRL

タイプマティック設定、CAPSロックキーとCTRLキーとの入れ替え等


ソフト詳細説明

タイプマティック(キー・リピート)設定、CAPSロックキーとCTRLキーとの
入れ替え、キークリック音発生、NUMLOCK、CAPSLOCKの制御などが
ひとつのプログラムで可能です。

OPTASM 1.6用のソース付きですが、VMSのアセンブラに似せるための
マクロがかかっています。今回マクロは同封しませんが、意味はわかると思いますの
でなにかの参考にはなるでしょう。

TSRとして常駐したときのサイズは、432バイトです。

※KEYCTRL常駐後、INT15hをフックする別のTSRを常駐すると2重常駐
したりKEYCTRLが常駐解除できなくなったりしますので気を付けてください。

※VMAPなどのツールで表示されるKEYCTRLのパラメータは常駐時のもの
です。後からパラメータを変更してもVMAPで表示される文字列は変わりません。

動作環境

KEYCTRLの対応動作環境
ソフト名:KEYCTRL
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: てんちゃん 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キー  入れ替え  CTRL  CAPS  タイプマティック 


「キーボード用」カテゴリーの人気ランキング

  1. MACRO すべてのアプリにキーボードマクロを追加(ユーザー評価:0)
  2. rcpc X11の動作しているワークステーョンからPC-98のキー入力を行う(ユーザー評価:0)
  3. ROMAN メモリ常駐型 ローマ字→カタカナ 変換プログラム(ユーザー評価:0)
  4. KF(KeyFastest) AT互換機でキーボードのリピート・反応速度を最高速に設定(ユーザー評価:0)
  5. HTOK ひらがなからローマ字への変換&頻度カウントツール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック