Automatic Keybord Operator for DOS/V

キーボード操作を自動化 for DOS/V


ソフト詳細説明

キーボード操作を自動化するプログラムです。
キー操作(キーの種類とタイミング)はファイルに定義しておき、プログラム起動時に定義したファイル名を指定します。
 固定的なキーボード操作を自動化します。
起動するとメモリに常駐して動作するため、操作のタイミングを指定することができます。
事前にキーの種類や操作するタイミングを定義したファイル(キー情報定義ファイル)を作成しておき、そのファイル名をパラメータで指定します。
パラメータを指定しないで起動すると、カレントドライブカレントディレクトリの「AUTOEXEC.AKO」というファイルからキー情報を読み込みます。
常駐するプログラムの大きさは読み込んだキー情報の大きさによって変わります。

 本プログラムはキーボード操作を終了した後もメモリ上に常駐しており、再起動したときは、指定したキー情報が常駐しているプログラムのキー情報読み込みエリアに入りきれば、常駐しているプログラムにより処理されます。キー情報読み込みエリアが不足するとプログラムを常駐し直して処理します。常駐し直す場合にはメモリ上のそれまで常駐していたプログラムのエリアが
使用されず残るため、いろいろなキー情報定義ファイルを使用する場合にはたびたび常駐し直してメモリ不足をまねくおそれがあります。処理終了するたびに常駐を解除するか、キー情報読み込みエリアに十分な大きさをとったプログラムを最初に常駐させておけば、むだな再常駐がありません。ただし本プログラムが動作を保証するキー情報数は1個〜7499個であり、保証範囲を越えてあまりにも大量のキー情報を読み込ませた場合は暴走する恐れがあります。

動作環境

Automatic Keybord Operator for DOS/Vの対応動作環境
ソフト名:Automatic Keybord Operator for DOS/V
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 井上 明子 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キーボード  自動化 


「キーボード用」カテゴリーの人気ランキング

  1. SP98 キー入力速度測定(ユーザー評価:0)
  2. COMKEY RS232Cからの入力をキーボードバッファに書き込むことにより1キーボードで2台操作(ユーザー評価:0)
  3. NUMCAP IBM-PC,DOS/V互換機用のCAPS-Lock等のKEYロック状態を設定するツール(ユーザー評価:0)
  4. ascii BIOS RAMを書き換え、キーボードをアスキー配列に(ユーザー評価:0)
  5. ROMAN メモリ常駐型 ローマ字→カタカナ 変換プログラム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック