SKL

手・指の不自由な人達のためのキーボード入力処理ソフトウェア


ソフト詳細説明

SKL.COM はメモリ−常駐型ソフト、いわゆるTSRです。常駐部は、キ−入力割り
込み処理ル−チンそのもので、ROM BIOS INT 09 処理ル−チンに置き換わって動作しま
す。また、COM形式のファイルですから、DOSのコマンドレベルから自由に常駐、
解放を行うことが出来ます。SKLの概略を以下にまとめておきます。

【 SKL.COMの概略 】
  主要機能 : ? 2個、或いは3個のキ−の順次入力、及び同時入力.
             ? 入力キ−のリピ−ト機能制御.
  適用機種     : NEC PC−9801の一部の機種.
  O S      : MS−DOS V2.1 以降.
  ソフトウェア形式 : キ−入力割り込み INT09 を置換するCOMタイプの
TSR.
 

動作環境

SKLの対応動作環境
ソフト名:SKL
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:PDS
作者: 坂爪 三津  坂爪 新一 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キーボード  人達  不自由 


「キーボード用」カテゴリーの人気ランキング

  1. key change 簡易版 DOS/V マシン用のキー交換プログラム(簡易版)(ユーザー評価:0)
  2. FKEY ファンクションキーに任意の文字列を設定(ユーザー評価:0)
  3. mapkey DOS環境およびWin95のDOSプロンプトでのキーボード割り当ての変更(ユーザー評価:0)
  4. COMKEY RS232Cからの入力をキーボードバッファに書き込むことにより1キーボードで2台操作(ユーザー評価:0)
  5. rcpc X11の動作しているワークステーョンからPC-98のキー入力を行う(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック