REP

文字列一括置換ツール


ソフト詳細説明

rep とは replacer の略で、指定したテキストファイルの
特定の文字列を、指定した文字列に変換するツールです。
エディター等の一括置換をMS-DOSのプロンプトから実行
出来る物と考えて下さい。ただ、違う点は、rep の場合
複数のファイルに対して一括処理出来る点です。
プログラム開発に、WSIMのお供にお使い下さい。
動作確認はしていませんが、多分 DOS汎用で動きます。

動作環境

REPの対応動作環境
ソフト名:REP
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Toshi 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

置換 


「変換」カテゴリーの人気ランキング

  1. 可変長テキスト←→固定長テキスト変換コマンド CSVなどの可変長テキストファイルと固定長テキストファイルとを相互に変換(ユーザー評価:0)
  2. LINE 常駐型 line decoder(ユーザー評価:0)
  3. マルチ文字列置換ファイル型 ファイル指定によってファイル中の文字列を置換(ユーザー評価:0)
  4. KANTAS 分かち書きカナ文の漢字カナ混じり文への変換支援(ユーザー評価:0)
  5. UNIQ マルチUNIQ重複行削除(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック