可変長テキスト←→固定長テキスト変換コマンド

CSVなどの可変長テキストファイルと固定長テキストファイルとを相互に変換


ソフト詳細説明

半角任意の1文字で区切られた可変長テキストファイルと半角空白で項目の長さを均一にした固定長テキストファイルを相互に変換する。扱えるテキストファイルは可変長、固定長ともに1レコード最大55項目で1項目の長さは半角2048文字までのもの。レコードや項目の長さや指定に間違いがある場合はエラーメッセージを出力する。

動作環境

可変長テキスト←→固定長テキスト変換コマンドの対応動作環境
ソフト名:可変長テキスト←→固定長テキスト変換コマンド
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: more_simple 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  テキストファイル  固定  可変長  CSV 


「変換」カテゴリーの人気ランキング

  1. 可変長テキスト←→固定長テキスト変換コマンド CSVなどの可変長テキストファイルと固定長テキストファイルとを相互に変換(ユーザー評価:0)
  2. cat NUM テキストの行頭に行番号付加(ユーザー評価:0)
  3. マルチ左詰め LEFTS ファイル中の全文字列の頭にある半角全角スペースtabを除去して左詰めに(ユーザー評価:0)
  4. UNIQ マルチUNIQ重複行削除(ユーザー評価:0)
  5. TXT2CSV for DOS テキストファイルをCSVに変換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック