XLS

V-Text対応のls


ソフト詳細説明

 小生はアスキー・ソフトウェア・ツールズのlsを愛用しているのですが、こ
のlsは、

「画面幅は常に80桁である」

という固い信念を持って画面出力を行います。DOS/V時代となり、V-Text を
利用できるようになった現在でも、彼は頑固に信念を守っています。
 このlsを使いながら、小生はしばしば、

「せっかく画面が広いんだから、lsにはこの広い画面を十分に活用して、画面
幅いっぱいにファイル名を表示してほしいよなぁ」

と感じておりました。たぶん、同じことを考えている方は大勢いらっしゃるので
はないでしょうか。

 そこで、ヒマな時間ができたのを利用してV-Textでも大丈夫なlsを作
成してみました。画面幅を取得するために、termcapを利用する仕組みです。そ
の他の仕様はアスキー・ソフトウェア・ツールズのlsに準じています。xls
という名前が嫌いな方は、ファイル名をlsと変えて使用してください。

動作環境

XLSの対応動作環境
ソフト名:XLS
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: カダフィ大佐 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

Text  ls 


「ファイル管理」カテゴリーの人気ランキング

  1. ファイルを拡張子ごとに分けるツール ファイルの拡張子ごとにフォルダを作り、そこへ移動する(ユーザー評価:0)
  2. head/tail UN*X-like head & tail(ユーザー評価:0)
  3. ddiff ディレクトリを2つ指定してその内容の比較を行います(ユーザー評価:0)
  4. ファイル判別ツール 拡張子の無いファイル等の種類判別(ユーザー評価:0)
  5. mls ファイル名表示コマンド mls(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック