PATCH ドキュメント

diff の出力の差分ファイルを入力としてパッチを当てる ドキュメント


ソフト詳細説明

Patch は diff プログラムによって出力される差分情報(4 形式のいずれでもよい)を含むパッチファイルが入力されると、その差分をオリジナルファイルに適用してパッチされたバージョンを作成する。標準設定ではパッチされたバージョンはオリジナルファイルと入れ替わり、オリジナルファイルはそのファイ ル 名 に 拡張子 ".orig" (長いファイル名がサポートされていないシステムでは "~")を付加したファイル名でバックアップされる。または -b、 -B や -V スイッチの指定に従ってバックアップされる。バックアップファイルの拡張子は環境変数 SIMPLE_BACKUP_SUFFIX によって指定することもできるが、上述のスイッチによる指定が優先する。

動作環境

PATCH ドキュメントの対応動作環境
ソフト名:PATCH ドキュメント
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:GPL
作者: AssistantIO 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドキュメント  差分  パッチ  diff 


「テキストファイル用」カテゴリーの人気ランキング

  1. T_COLOR for DOS/V テキストカラー・ツールセット テキストファイルに色をつけるプログラム for DOS/V(ユーザー評価:0)
  2. DivTxt 行を単位としてテキストファイルを分割する(ユーザー評価:0)
  3. KIM 機種依存文字列がテキストファイル内にあるかどうか調べる(ユーザー評価:0)
  4. 最終行削除 指定ファイルにある、最終の行を削除(ユーザー評価:0)
  5. XTYPE コマンドラインオプションで指定したファイルを読み上げる(標準出力にタイプ)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION