WUP2EXE

自己展開差分作成


ソフト詳細説明

このプログラムはWSP.COMで作成したWUP形式の差分ファイルからEXE形式の自己展開差分を作成するものです。これで64KB以上の差分でも自己展開が可能となります。表示メッセージについてはWSP.COMと同様です。なお、実行ルーチンのサイズは1914バイトとなりました

動作環境

WUP2EXEの対応動作環境
ソフト名:WUP2EXE
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 和田 浩一 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

展開  差分  自己 


「差分作成・更新」カテゴリーの人気ランキング

  1. BDIFF BINARYファイルの差分出力・更新プログラム(bdiff/bupdate)(ユーザー評価:2.5)
  2. DISPELL EPSON check を解析、解除(ユーザー評価:0)
  3. aBdiff Assist Bdiff ディレクトリごと差分作成(ユーザー評価:0)
  4. FP 汎用 ファイルパッチ & ファイル解析ツール(ユーザー評価:0)
  5. LDF バイナリファイル差分作成 / 更新(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック