LDF

バイナリファイル差分作成 / 更新


ソフト詳細説明

バイナリファイル差分作成 / 更新プログラムです。

□更新
>LDF [-b][-it][-ic][-in][-ia] diffile[.ldf] [dstdir\]

元ファイルをカレントディレクトリに置いて実行してください。新ファ
イルの出力先 (dstdir) を指定するときは、そのディレクトリ名に '\'
を必ず付加してください。[] 内は省略可を表します。

※LDF.exe では、差分ファイル名 (diffile.ldf) の拡張子を省略する
と.ldf と見なします。

-b : 元ファイルをバックアップしない

-it: 元ファイルのタイムスタンプをチェックしない
-ic: 元ファイルの CRC とファイルサイズをチェックしない
-in: 新ファイルの CRC とファイルサイズをチェックしない
-ia: 全てのチェックをしない (-it -ic -in 全指定と同一)

動作環境

LDFの対応動作環境
ソフト名:LDF
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 細井 隆宏 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

差分  バイナリ 


「差分作成・更新」カテゴリーの人気ランキング

  1. DISPELL EPSON check を解析、解除(ユーザー評価:0)
  2. BDIFF BINARYファイルの差分出力・更新プログラム(bdiff/bupdate)(ユーザー評価:2.5)
  3. LDF バイナリファイル差分作成 / 更新(ユーザー評価:0)
  4. PATCH パッチ・プログラム (fc /bの書式を入力とする)(ユーザー評価:0)
  5. aBdiff Assist Bdiff ディレクトリごと差分作成(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック