E

pipe editor


ソフト詳細説明

標準入力をテンポラリファイルに落してエディタ(もしくはページャ)を起動して修正したのを標準出力に出力する。

テンポラリファイルは環境変数 TMP で指定されたディレクトリまたはカレントディレクトリに作成します。

エディタ(もしくはページャ)は環境変数 EDITOR または PAGER で指定されたコマンドまたは less を起動します

動作環境

Eの対応動作環境
ソフト名:E
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:PDS
作者: AssistantIO 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

editor  pipe 


「シェル強化」カテゴリーの人気ランキング

  1. safetee 標準出力と標準エラー出力を画面とファイルに出力する tee(ユーザー評価:0)
  2. wild コマンドラインのワイルドカードを展開しコマンドを実行(ユーザー評価:0)
  3. SOS コマンド実行支援ツール(ユーザー評価:0)
  4. ptee 標準出力のファイルへのリアルタイム分岐(ユーザー評価:0)
  5. Symbolic-link ドライバ ファイルを「リンク」する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック