PI386

円周率(PI)を10万桁求める PIの計算にはマチンの公式を使用


ソフト詳細説明

このプログラムは1993年に作成しました。古いファイルを整理していて、コメントもちゃんと入っているので、公開することにしました。元は8086のコード(16ビット)で書いたものを32ビット命令に置き換えて高速化を図ったバージョンです。もとのコードが8086用だったため引き続きセグメント(64KB)の制約があります。そのためPIの最大桁数も10万桁までに制限されています。
32ビットコードを使用しているためi386以上のDOS環境が必要です。計算時間の計測にシステム時計を書き換えているので、DOS環境下で実行するとシステム時計が狂います。Windows7ではDOS互換環境だけに影響するようで、システム時計には影響がありません。

確か当時は、i80386SX(DOS5.0)で10万桁計算するのに1昼夜かかっていたと記憶しています。今回Core i5-3320M 2.7GHz(Winodws7環境下)で試したら11秒で完了しました。(笑)

PIの計算方法やアルゴリズムの詳細についてはソースコードのコメントを参照ください。
計算結果については確認はしていますが、正しいことを保証するものではありません。

動作環境

PI386の対応動作環境
ソフト名:PI386
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95/3.1 OS2 MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: DEK 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

円周  PI  マチン 


「アセンブラ・逆アセンブラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. XASM 8ビットCPU用の絶対番地クロスアセンブラ(ユーザー評価:0)
  2. 6800セルフ逆アセンブラ S19ファイルを読み込んで逆アセンブルします(6800シミュレータ必要)(ユーザー評価:4.5)
  3. DISASM MS-DOS版 1チップCPU用 逆アセンブラ(41,48,51,80,Z80,6301,6805,740)(ユーザー評価:0)
  4. DIAS i8086-Pentium 逆アセンブラ(ユーザー評価:0)
  5. DASM 80系/x86系CPU逆アセンブラ/ビュアー(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック