SDASM

MS-DOS上のEXEファイル あるいはCOMファイルに対する逆アセンブラ


ソフト詳細説明

 SDASMは、MSDOS上のEXEファイル あるいはCOMファイルに対する
逆アセンブラです。 ’スーパーディスアセンブラ’または ’エスディアセム’と
呼んで下さい。

 Ver2.0では、単一セグメント内での逆アセンブルでしたが、今回でのバージョ
ンアップでセグメントを跨ぐ命令(FAR JMP 等)にも対応しました。分岐先
解析困難の部分が少なくなって、より強力になったはずです。
 また、前回まではNEC9801のグラフィックRAM領域をワークエリアとして
使用していたため、マシンに依存する部分がありましたが、今回それを避けた為、
より広く利用可能となっております。(? 未確認)

 SDASMと通常のアセンブラとの違いは、SDASMが自動的にプログラムの流
れを調べて逆アセンブルする事にあります。ジャンプやコール命令によって、プログ
ラムが不連続なアドレス配置となっても、逆アセンブルリストが出力可能です。もち
ろんラベル付きです。

 従って、プログラム全体の領域が不明の時の逆アセンブリとか、プログラムが複雑
になって、不要なルーチンを見つけるのが困難になった時などに、本ツールが威力を
発揮します。 ただしプログラムの流れの中で、分岐先を決定するのが困難な場合
(JMP [BX] 等)の場合には、そこから先の逆アセンブリは不能ですので了
承願います。

動作環境

SDASMの対応動作環境
ソフト名:SDASM
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: こだま 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

COM  アセンブラ  EXE 


「アセンブラ・逆アセンブラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. THE ARROWSOFT ASSEMBLER MASM Ver3.0 互換のアセンブラ(ユーザー評価:0)
  2. DISASM MS-DOS版 1チップCPU用 逆アセンブラ(41,48,51,80,Z80,6301,6805,740)(ユーザー評価:0)
  3. 6800セルフ逆アセンブラ S19ファイルを読み込んで逆アセンブルします(6800シミュレータ必要)(ユーザー評価:4.5)
  4. XASM 8ビットCPU用の絶対番地クロスアセンブラ(ユーザー評価:0)
  5. SDASM MS-DOS上のEXEファイル あるいはCOMファイルに対する逆アセンブラ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック