xsh

XASM用 SH7000テーブル


ソフト詳細説明

 xshはXASMでSH7000のアセンブラソースをアセンブルするための
設定テーブルです。

 XASMは設定テーブルにより色々なCPUに対応させられるようになっている
クロスアセンブラで、8ビット用と唄っていますがそれ以上のCPUにも、制約は
ありますが対応させることができます。
 SHは32ビットCPUですが、命令の構造が簡単であることや、RISCチップの
持つそのほかの特徴によっても、比較的対応させやすいといえます。
 専用のCやアセンブラに頼らずに、SHの小さなプログラムを書いて、そして実行
させたい場合などには十分使えると思います。

 今回のリリースは先のアルファーバージョンから、ターゲット上でのテストをし、
いくつかのバグをフィックスしたバーションです。
 まだターゲット上での実績が少ないことと、もう少しつけ加えたい機能がある
ことから、Version 0.80 としてのリリースです。
 現在バラックのターゲットボード上で稼働する簡単なプログラムをxshで書いて
いますので、完成の暁には回路図共々公開する予定でいます。

 使って頂いてのレポートやご感想は6番会議室か、直接メイルにてお願いします。

動作環境

xshの対応動作環境
ソフト名:xsh
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 上田 義明 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

テーブル  XASM  SH 


「アセンブラ・逆アセンブラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. DIS486 intel 8086 - 80486逆アセンブラ(ユーザー評価:0)
  2. XASM 8ビットCPU用の絶対番地クロスアセンブラ(ユーザー評価:0)
  3. DISASM MS-DOS版 1チップCPU用 逆アセンブラ(41,48,51,80,Z80,6301,6805,740)(ユーザー評価:0)
  4. DISASM MS-DOS汎用 逆アセンブルユーティリティ(ユーザー評価:0)
  5. DASMH83 Hitachi H8/300H,H8S series 逆アセンブラ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック