DISH

SH7000シリーズ 逆アセンブラ


ソフト詳細説明

 いろいろと話題の日立製SHマイコンの逆アセンブラです。モトローラS形式により
記述されたSH7000シリーズのバイナリデータからリスト形式、またはソース形式
のファイルを作成します。
 一応、ジャンプ、サブルーチンコール、データ参照に対してラベルを付けます、また
解析を助けるためにわずかですがコメントも追加します。

一度に逆アセンブルできるのは32KBバイトまでです。32KB以上のファイルを
逆アセンブルする時は同封されているSPLIT32.COMを用いて32KB単位に分割します。

 バイナリファイルを逆アセンブルする時は一旦、モトローラS形式のファイルに変換
し、明らかにデータ領域と思われる部分や、不要な部分削除してから逆アセンブルしま
す。バイナリファイルからモトローラSフォーマットへの変換は同封のB2MHEX32.COM、
B2MHEX16.COMを用いて変換します。

動作環境

DISHの対応動作環境
ソフト名:DISH
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: みーちゃん 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

アセンブラ  SH 


「アセンブラ・逆アセンブラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. 6800セルフ逆アセンブラ S19ファイルを読み込んで逆アセンブルします(6800シミュレータ必要)(ユーザー評価:4.5)
  2. DISASM MS-DOS版 1チップCPU用 逆アセンブラ(41,48,51,80,Z80,6301,6805,740)(ユーザー評価:0)
  3. SDASM MS-DOS上のEXEファイル あるいはCOMファイルに対する逆アセンブラ(ユーザー評価:0)
  4. SH CPU DisAssembler 日立SHシリーズ用 逆アセンブラ(ユーザー評価:0)
  5. DISASM MS-DOS汎用 逆アセンブルユーティリティ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック