laptime

コマンドを子command.com上で実行し、コマンド実行時間の推測値を出力


ソフト詳細説明

LAPTIMEは<command>で指定されたコマンドラインを実行するのに必要な時間を見積
もります。
LAPTIMEはcommand.comを呼び出しその上でコマンドを実行させることにより、実行
時間を計測します。計測の結果、つぎの3つの値を出力します。

<system> command.com単体を呼び出して実行するのにかかった時間
<load> コマンドをディスクから主記憶にロードするのにかかった時間
<execution> コマンドを実行するのにかかった時間の予測値

上記3つの値を足し合わせたものが、command.comを呼び出しその上でコマンドを
実行するのにかかった実際の時間です。出力値の単位は秒です。
コマンドライン指定にパイプやリダイレクトを使いたい場合は、コマンドライン
全体を2重引用符で囲ってください。パイプやリダイレクトを使って2つ以上の
コマンドを実行させる場合、計測される<system>と<load>は最初のコマンドに対
するものになります。

動作環境

laptimeの対応動作環境
ソフト名:laptime
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: カダフィ大佐 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  command  推測 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. NGA-TOOLS C言語でプログラミングする方のためのちょっとしたツール群 PAD図出力あり(ユーザー評価:0)
  2. TrashBox ソースファイル管理データベース(ユーザー評価:0)
  3. WXNAME WINDOWS APIの番号を名前に変換するフィルタ(ユーザー評価:0)
  4. SPE 構造化チャート作成用のエディタ(ユーザー評価:0)
  5. laptime コマンドを子command.com上で実行し、コマンド実行時間の推測値を出力(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック