XLIB

OBJファイルやLIBファイルが参照しているシンボルを表示


ソフト詳細説明

 これはOBJファイルやLIBファイルが参照しているシンボルを表示するプログラ
 ムです。ライブラリの参照関係を調べるときに使うと便利です。

☆使い方
 次のコマンドを入力します
   XLIB ファイル名
 ファイル名は,一度にひとつしか指定できません。また拡張子が必ずOBJかLIB
 である必要があります。結果は標準出力に出力されます。

動作環境

XLIBの対応動作環境
ソフト名:XLIB
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: eyes 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シンボル  OBJ  LIB 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. PATCH diff ファイルからオリジナルを作成(ユーザー評価:0)
  2. OBJH BCC/TASM等のobjの埋め込み情報をMS-C/MASMのobjに埋め込む 実行ファイル(ユーザー評価:0)
  3. NGA-TOOLS C言語でプログラミングする方のためのちょっとしたツール群 PAD図出力あり(ユーザー評価:0)
  4. Automatic Option Controller コンパイラオプションの自動設定(ユーザー評価:0)
  5. patch GNU patch v2.1 for MS-DOS(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック