AS68K

68000 クロスマクロアセンブラ


ソフト詳細説明

モトローラ準拠ソースから、リストとS2レコードを出力する

CP/M80のクロスアセンブラを使って68000のプログラムを作って
いましたが、MS−DOSが主になり、いちいちZ80のエミュレータを起
動して使うのも面倒になってきたので、68000のCPUボードを作り始
めたのを切っ掛けにMS−DOSで動くクロスアセンブラをC言語で作りま
した。
これは、後に68020のCPUボードのモニタープログラムの製作にも役
立ってくれました。

どうせ作るなら、なるべく多くのプログラムを修正なしにアセンブルできる
ようにと、モトローラ社のアブソリュートアセンブラの仕様に合わせ、また
、なくてもエラーとならないようにと、多くの疑似命令に対応しました。
さらに、簡単ながらマクロの機能も付けてみました。

動作環境

AS68Kの対応動作環境
ソフト名:AS68K
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 福田 重夫 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マクロ  クロス  アセンブラ 


「アセンブラ・逆アセンブラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. DISASM MS-DOS版 1チップCPU用 逆アセンブラ(41,48,51,80,Z80,6301,6805,740)(ユーザー評価:0)
  2. XASM 8ビットCPU用の絶対番地クロスアセンブラ(ユーザー評価:0)
  3. SDASM MS-DOS上のEXEファイル あるいはCOMファイルに対する逆アセンブラ(ユーザー評価:0)
  4. 6800セルフ逆アセンブラ S19ファイルを読み込んで逆アセンブルします(6800シミュレータ必要)(ユーザー評価:4.5)
  5. DIAS i8086-Pentium 逆アセンブラ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック