アセンブラ用オプション判定ライブラリ

アセンブラでも簡単にオプションの判定ができる


ソフト詳細説明

バッチファイルを組む場合、IF "%1"=="/h" goto help といった具合に簡単にオプションの判定ができますが、アセンブラでプログラムを組む場合はそう簡単にはいきません。そこで、アセンブラでも簡単に判定できるようにライブラリを作ってみました。DOS汎用なのはもちろん186以上の命令は一切使用していませんから、MS−DOSが動くマシンなら古いマシンでも使用できると思います。

また、Version 0.20からは単にオプションを比較できるだけでなく、オプションで指定されたドライブやディレクトリにカレントを移動したり、ディレクトリを作成したりすることもできるようになりました。さらに今後のバージョンアップでは、指定されたファイルをオープンしたり、ファイルを作成したりすることもできるようにする予定です。

Version 0.10からの変更点
・カレントドライブを移動するマクロ(OPT_DRV)を追加。
・ディレクトリを作成するマクロ(OPT_MKDIR)を追加。
・ディレクトリを削除するマクロ(OPT_RMDIR)を追加。
・カレントディレクトリを移動するマクロ(OPT_CHDIR)を追加。

今後の予定
・ファイルをオープンするマクロを追加。
・ファイルの作成をするマクロを追加。
・ファイルを削除するマクロを追加。

動作環境

アセンブラ用オプション判定ライブラリの対応動作環境
ソフト名:アセンブラ用オプション判定ライブラリ
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Tanaka 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

オプション  アセンブラ  判定 


「アセンブラ・逆アセンブラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. DISASM MS-DOS汎用 逆アセンブルユーティリティ(ユーザー評価:0)
  2. XASM 8ビットCPU用の絶対番地クロスアセンブラ(ユーザー評価:0)
  3. DASMH83 Hitachi H8/300H,H8S series 逆アセンブラ(ユーザー評価:0)
  4. MASMライブラリ アセンブラ用関数ライブラリ・全279関数(ユーザー評価:0)
  5. DISASM MS-DOS版 1チップCPU用 逆アセンブラ(41,48,51,80,Z80,6301,6805,740)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック