CKCTL

Caps・かなキー/GDC・水平同期周波数設定


ソフト詳細説明

 CKCTLは、Caps・かなキー及びGDCクロック・水平同期周波数を設定するソフトです。

 「パスワードを何回入力してもエラーとなっておかしいと思ったら、Capsキーがロックされたままだった」
 「画面モードを30行に変えたまま、リセットして他のドライブを起動したら、画面が乱れてしまった」

 そんな経験をよくしている人って、意外と多いのではないでしょうか。

 これをAUTOEXEC.BATのなかに組み込んでおけば、毎回「Caps−ON かな−OFF」のように一定の状態で起動しますし、おかしくなった画面も正常に戻しますので、非常に役に立つと思います。

動作環境

CKCTLの対応動作環境
ソフト名:CKCTL
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 川崎 斉 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キー  同期  周波数  水平  かな  GDC  Caps 


「画面設定その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. PANSI コンパクトで常駐解除可能なansi.sys代用ドライバ(ユーザー評価:0)
  2. tz.com PC-98xx用 常駐型テキスト画面保存プログラム(ユーザー評価:0)
  3. GA-1024系モードチェンジャー GA-1024A/1280A(I/Oデータ)で、アクセラレータの画面モードを変える(ユーザー評価:0)
  4. Auto 98 Attr テキスト表示属性及びファンクションキー表示属性をプロセス毎に変更(ユーザー評価:0)
  5. CHGSYNC 任意に水平走査周波数を切り替える(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック