Virtual FDD

メモリ上に仮想FDD


ソフト詳細説明

◎ 通常のFDDとの違い
・揮発性である。(リブートや電源を落とすと内容は消えてしまいます。)
(将来レジューム機能の対応を考えています。)
・FDCレベルで対応しているソフトからは認識されない。
・MS−DOS以外の管理下では動作しない。(N88−DISKBASIC上
などでは無理ということです。)また、起動も出来ない。
・プロテクト的なフォーマットが掛けられない。(つまり、GAP長の操作や各
種混成フォーマットおよび、1トラックあたりのデータサイズが9KByte
を越える物を取り扱うことが出来ない。)
・上記以外のBIOSコマンドを取り扱うことが出来ない。
・IO.SYS や MSDOS.SYS で直接取り扱われているドライブと同じように自分自身
でディスクの識別をし、それにあったBPBへ変更することができますが少し
弱い。
(おかしい場合、コントロールプログラムの 'X' コマンドを使用してください。)

動作環境

Virtual FDDの対応動作環境
ソフト名:Virtual FDD
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 杉本 理充 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

仮想  FDD  メモリ 


「RAMディスク・キャッシュ」カテゴリーの人気ランキング

  1. RC PC-98専用 ラムディスク、ディスクキャッシュ、プリンタスプーラ(ユーザー評価:0)
  2. FDRD フロッピーディスク互換 高速 RAM DISK ドライバ(ユーザー評価:0)
  3. DC EMSを使用したディスクキャッシュ(ユーザー評価:0)
  4. XRDISK XMS 規格の EMB メモリを利用したRamdisk Driver(ユーザー評価:0)
  5. PDSK for DOS/Windows3.1 PIO-PC34専用 RAMディスクドライバ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック