WCD.SYS

標準入力へデータを出力するデバイス


ソフト詳細説明

WCDは、『標準入力にデータを出力するデバイス』です。もう少
しくだいて、《DOS汎用仮想キーバッファデバイス》といえば、少
しはピンとくるでしょうか?

通常、ペーストという動作を汎用的に実現するためにはハードウェ
アのもつキーバッファに書き込んだりします。WCD.SYS は、標準入力
の実体である conデバイスに入力バッファを持たせたもので、ハード
に依存せず、バッファのサイズも任意で、デバイスレベルでリターン
するために高速で、ハードにアクセスしない安全性といったメリット
があります。

 仮想キーバッファ wcd.sysへの書き込み手段としては、"$$WCD" と
いうデバイスが利用可能で、"PRN"や "NUL" 或いは通常のファイル同
じイメージでオープンし、書き込んでやることで、標準入力へデータ
を返すことが出来ます。

 例えば、"echo dir > $$WCD"とコマンドラインから入力すると、dir
コマンドがキー入力されたかのように入力、実行されます(^_^) また、
エディタで、$$WCD というファイルにセーブしたりするとおもしろい
ことが出来ます(^_^)

 また、専用のAPIも用意してあり、TSR向けにも簡単に利用で
きます。

動作環境

WCD.SYSの対応動作環境
ソフト名:WCD.SYS
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 加地 正典 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード


「画面設定その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. PANSI コンパクトで常駐解除可能なansi.sys代用ドライバ(ユーザー評価:0)
  2. GDCクロック切り替えユーティリティ PC-98シリーズのGDCクロックをリセットなしに即座に切り替えます(ユーザー評価:2.5)
  3. SCREEN16/SC16 9801&9821用のグラフィック関係の初期化&後始末(ユーザー評価:0)
  4. 画面カラー/アトリビュート 設定ユーティリティ MS-DOS上で簡単に表示カラーを設定(ユーザー評価:0)
  5. SCAN31 水平周波数を31Khz固定 乱れていた画面が見えるようになる(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック