vmap

メモリの利用状況を表示


ソフト詳細説明

 VMAPは、メモリの利用状況を表示する、MS-DOS汎用ツールです。
今回、国内各社のMS-DOS Ver5(以降DOS5と記述)の発売に合わせて、
Ver2にバージョンアップ致しました。

■ Ver2の主な改良点

・DOS5および各社仮想86ドライバのUMBに対応
・DOS4,5のMCB上のオーナー名に対応
・DOS4,5のデバイス・サブセグメントに対応
・XMSのHMA、EMB利用情報の表示
・オプション指定により、コンベンショナル・メモリ、UMB、EMS&XMSを
 それぞれ個別に表示
・オプション指定により、複数ブロックの圧縮の抑止
・1行単位にファイルハンドルで出力し、画面表示を高速化

動作環境

vmapの対応動作環境
ソフト名:vmap
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 兵藤 嘉彦 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:2
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

メモリ 


「状況表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. vmap メモリの利用状況を表示(ユーザー評価:4.5)
  2. Memory Mapper for PC PCのメモリ使用状況を表示(ユーザー評価:0)
  3. PMM プロテクトメモリの内容をリアルタイムで表示(ユーザー評価:0)
  4. MREP メモリマップ、デバイスドライバ、FCB、DPBなどの情報を表示(ユーザー評価:0)
  5. BMAP バンクメモリ 実装状態レポート(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック