RMAP

Realtime memory MAP


ソフト詳細説明

- rmp1 - 【rmap.comの説明】                 rmap.doc ver 2.05
  rmapをメモリに常駐させるにはDOSのコマンドライン入力の状態から、
  rmapリターンで常駐します(あら、簡単).

  A>rmap

  常駐すると上下違ったバーが画面右端に出現します.
  上半分の部分には青い10個のブロックと紫色と水色のバーがでます.
  バーの先頭にはDOSとでています.
  上半分のバーはDOSの640Kbのメモリ使用状況を示します.
  10個の青いブロック1つが64Kbを示していて、青のバーの上に水色と
  紫のバーが交互に乗っかっています.
  この、水色と紫のバーがメモリを使用しているプロセスの配置イメージです.

  次に、下半分の”EMS”と書いてあるバーについての説明ですが、常駐して
  もらうと解ると思いますがこれがEMSの使用状況を示すバーになります.
   下地の”Hi”と書いてある青いバーがMAXのEMSページとなります.
  紫色のバーが現在使用しているページ数となります.

動作環境

RMAPの対応動作環境
ソフト名:RMAP
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 大島 英弘 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

Realtime  memory 


「状況表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. vmap メモリの利用状況を表示(ユーザー評価:4.5)
  2. Memory Mapper for PC PCのメモリ使用状況を表示(ユーザー評価:0)
  3. PMM プロテクトメモリの内容をリアルタイムで表示(ユーザー評価:0)
  4. MREP メモリマップ、デバイスドライバ、FCB、DPBなどの情報を表示(ユーザー評価:0)
  5. BMAP バンクメモリ 実装状態レポート(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック