swap

親プロセスの使用メモリーをswap


ソフト詳細説明

SWAP provides an application independent method for one MS-DOS
application to run another, even if both would normally not fit in
memory at the same time. A typical use is to temporarily swap out a
text editor so that you can run memory hungry compilers, linkers, or
even debuggers without losing your place in an editing session.

SWAP works by copying conventional memory used by the currently running
application to expanded memory, extended memory, or to a disk file,
thereby freeing conventional memory used by the application. SWAP then
runs the desired program before restoring the original environment.

 某氏から要望があったので、環境変数を参照するようにpatchを当ててみました。

 swap.com (Ver. 1.2)にsymdebでpatchを当てたものです。disk-fullが正しく検出
されないbugをfixすると共に、diskにswap outする場合のdirectoryを環境変数で指
定できるようにしました。

動作環境

swapの対応動作環境
ソフト名:swap
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: WinZip Computing, Inc.  石塚 匡哉 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

プロセス  メモリー  swap 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. VEM486 Virtual XMS/EMS/VCPI Memory Server(ユーザー評価:4.5)
  2. GCMEM グラフィック文字とテキスト文字によるリアル/プロテクト/EMS/VCPI/XMSメモリ容量表示(ユーザー評価:0)
  3. ClearMCB MCBチェーンの亀裂をきれいに整理する、常駐プログラム(ユーザー評価:0)
  4. ESWITCH expand(?)switch(ユーザー評価:0)
  5. UPUP 常駐プログラムをUMBにあげるLoader(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック