rpm

常駐プロセスマネージャ


ソフト詳細説明

rpm は常駐プログラムの組み込み、解放を支援するためのプログラムである。たくさんの常駐プログラムが組み込まれている状態で、はじめの方に組み込んだ常駐プログラムを1つだけ解放したいような場合でも、rpm はそれらのプログラムの組み込まれた順番を覚えていて、適切な解放、再常駐を行ってくれる。また常駐時に無駄なメモリブロックができてしまわないようになっている。

動作環境

rpmの対応動作環境
ソフト名:rpm
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: jam 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

常駐  プロセス  マネージャ 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. VEM486 Virtual XMS/EMS/VCPI Memory Server(ユーザー評価:4.5)
  2. GCMEM グラフィック文字とテキスト文字によるリアル/プロテクト/EMS/VCPI/XMSメモリ容量表示(ユーザー評価:0)
  3. VEM486姫子ちゃん化セット VEM486のメッセージを姫子ちゃん化(ユーザー評価:0)
  4. LimUmb UMBを極限まで拡張する、ユーティリティ(ユーザー評価:0)
  5. MCBMAN MCBマニュアル(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック