LCR直列電気回路の過渡応答

ホイン法という数値解法を使って、微分方程式を解き、結果を数値とグラフ表示する


ソフト詳細説明

LCR直列電気回路(L はコイル、C はコンデンサ、R は抵抗)に直流2Vの電圧がかかった時の、コンデンサにかかる電圧V 及び電流I の過渡応答を計算して、数値とグラフを表示するプログラムです。
プログラムは N88日本語BASIC (DOS版) をコンパイルした、exe ファイルです。実行は通常です。DOS プロンプトのウィンドウ又はWindows 「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行」から、ファイル名、lcr-h を入力してリタンキー押すか、Windows ファイルマネージャーやエクスプローラから、lch-h.exe のアイコンをダブルクリックしてください。
L、C、R それぞれ定数を先に入力してあります。実行すると、その値で良いかどうか聞いて来るので、良ければ[y] キー、変えたいなら[n] キーのいずれかを押して下さい。[y] なら直ちに、[n] なら3つの値を入力した後に、グラフと数値が表示されます。
電圧がかかった時からの経過時間T の最終値Tendは、高々数ミリ秒(0.001 の桁)程です。つまり、グラフや数値の目に見える表示時間と、回路上の過渡応答の経過時間T は無関係です。T の数値は表示しているので、そちらを目安にして下さい。

動作環境

LCR直列電気回路の過渡応答の対応動作環境
ソフト名:LCR直列電気回路の過渡応答
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: ころ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

数値  方程式  解法  微分  グラフ  ホイン 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. ASCII & Binary to MotororaS ASCII HEX & バイナリーファイルをMotorora Sフォ−マットに変換(ユーザー評価:0)
  2. LPF ローパスフィルタ計算プログラム(ユーザー評価:0)
  3. EP-ROM / EEP-ROM burner for PC/AT ROMライターの回路図と MS-DOS の制御ソフト(ユーザー評価:0)
  4. GAL 16V8 / 20V8 [A / B] Burner for PC/AT. Lattice社のPLD GAL16V8,GAL20V8 の書込み器(ユーザー評価:0)
  5. Unit Converter 単位換算機 単位を換算する 入力と同時に結果が表示される(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック