FFT

FFT(高速フーリエ変換)により,入力または,更正用の波形を変換して周波数スペクトルを表示


ソフト詳細説明

FFT(Fast fourie Transform)

 FFT(高速フーリエ変換)により、入力または、更正用の波形を変換して周波数スペクトルを表示します。

 信号入力は128点、周波数スペクトルは64点表示します。

 FFT関数は、雑誌からの引用で、そのまま使用していますが、どの雑誌のFFT関数を見ても、だいたい似たようなプログラムと、なっているようです。

 信号の入力には、AD変換器が必要ですが、I/OポートのD0−D6に8255をつないで、Aポートにデータ、Cポートでコントロールをつないでいます。
 AD変換器は、ADC0809CCNを、6kHzでサンプリングしていますが、どのような物でも使えます。

動作環境

FFTの対応動作環境
ソフト名:FFT
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 福田 重夫 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  周波数  波形  スペクトル  フーリエ変換  FFT  更正 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. Earth C++ソース 3次元境界要素法解析(ユーザー評価:0)
  2. 飽和蒸気圧の計算 水蒸気の飽和蒸気圧の計算(ユーザー評価:0)
  3. ASCII & Binary to MotororaS ASCII HEX & バイナリーファイルをMotorora Sフォ−マットに変換(ユーザー評価:0)
  4. バッティング適切打撃箇所計算プログラム 手に衝撃が伝わらないミートポイントの算出(ユーザー評価:0)
  5. CR_SIN CR 回路の切断正弦波過渡応答(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック